企画展

村田彩・由良薫子 二人展

2024年3月1日(金)〜3月30日(土) March 1 - 30, 2024

2024年3月1日(金)〜 3月30日(土)
11:00~18:00 ※最終日は16:00閉廊
定休日:日曜日・月曜日
出展作家 / Artist
作家在廊日 村田彩:3月1日(金)、3月2日(土)、3月29日(金) 14:00~ 由良薫子:3月1日(金) 13:00~ Artist's Attendance Days Aya Murata: March 1st, 2nd, 29th after 2pm Kaoruko Yura: March 1st after 1pm
桃青京都ギャラリーでは村田彩・由良薫子二人展を開催しております。
村田彩は、繊細で色鮮やかな練り込みの技術を用いて、昆虫や珊瑚、植物などをモチーフに有機的なかたちを生み出します。躍動感のある美しい造形で「生命」を表現します。
由良薫子は「何かいるかもしれない」をテーマに、凹凸を拾って流れる釉薬や無作為につけた濃み(染付)を見つめて、見つけた生き物や妖怪を絵付けしています。
どちらも作品の世界観に引き込まれ、美しく繊細でありながら、どこか不思議でわくわくする作品となっています。
それぞれの作品が共鳴しながら、想像力あふれる色鮮やかな空間をこの機会にぜひお愉しみください。
Tosei Kyoto Gallery is pleased to present a two-person exhibition of Aya Murata and Kaoruko Yura.
Aya Murata uses delicate and colorful kneading techniques to create organic forms with motifs of insects, corals, and plants. She expresses "life" with her vibrant and beautiful forms.
Kaoruko Yura, under the theme of "something might be there," paints creatures and ghosts she finds by picking up irregularities and staring at the flowing glaze and randomly applied densities (some-zuke).
Both works draw you into their worldviews, beautiful and delicate, yet somehow mysterious and exciting.
We hope you will take this opportunity to enjoy the imaginative and colorful space where each work resonates with each other.


【展示作品 / Exhibited Works】

ページの上部へ
Page top