お薦めの逸品 / Recommendation






竹村 友里 Yuri Takemura

盌「ト音記号」

サイズ:H10.9 x W12.4 x D12.4cm
制作年:2017年

ト音記号を高台から続く有機的な曲線による丸いフォルムで表現した独特の造形とリズミカルに奏でる音楽の雰囲気をイメージした水玉模様、ピアノの鍵盤をイメージした色彩とのハーモニーで斬新な感覚を生み出しています。両手にしっとりと馴染む滑らかな質感があり、オブジェとしての表現力を持つ逸品です。もちろん、実際に使うことによってお茶の鮮やかな緑色とのコントラストを愉しんでいただけます。

*お問合せはトップメニューの「コンタクト」に記載のメールアドレスまでお願い申し上げます。

*下にスクロールしていただくと過去分の「お薦めの逸品」をご覧いただけます。また、画面上部のTosei Nagaokakyoに進み「お薦めの逸品」をクリックすると、長岡京のギャラリー桃青で扱っている伝統的な陶芸作品について「お薦めの逸品」をご覧になれます。


The Bowl 'G clef'

Size: H10.9 x W12.4 x D12.4cm
         H4.29 x W4.88 x D4.88in
Year: 2017

The harmony of the unique shape of the G clef expressed by the organic curved round form that continues from the foot, the polka dot pattern that evokes the atmosphere of rhythmically playing music, and the colors that evoke the image of a piano keyboard creates a novel sensation. It has a smooth texture that fits comfortably in both hands, and is a gem with expressive power as an object. Of course, by actually using it, you can enjoy the contrast with the vivid green of the tea.

*If you have any questions, please contact us at the e-mail address listed under "Contact" in the top menu.

*If you scroll down, you can see the past "Recommendation". Also, if you go to 'Tosei Nagaokakyo' at the top of the screen and click on "Recommended Works", you can see our recommendation about the traditional ceramic works that Gallery Tosei in Nagaokakyo handles.


1980年 愛知県生まれ
2004年 愛知県立芸術大学美術学部デザイン・工芸科陶磁専攻 卒業
金沢在住

2007年 第2回菊池ビエンナーレ奨励賞
2008年 第8回国際陶磁器展美濃審査員特別賞
2012年 「工芸未来派」出展 金沢21世紀美術館



1980    Born in Aichi Prefecture
2004   Graduated from Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music, Department of Design and Crafts, Major in Ceramics
Lives and works in Kanazawa

2007   Incentive Award, 2nd Kikuchi Biennale
2008   Special Jury Prize, 8th International Ceramics Exhibition Mino, Japan
2012   Joined “Future School of Craft” Exhibition at 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa






中村 康平 Kohei Nakamura

黒織部茶碗

サイズ:H7.8 x W14 x D14cm
制作年:2015年

作家独自の世界観・美意識によって現代美術と工芸、古典と現代が見事に融合し、気品と風格が漂う逸品です。器全体の緩やかなライン、深みある黒と白の三角模様が現代的で趣のある雰囲気を演出しています。

*お問合せはトップメニューの「コンタクト」に記載のメールアドレスまでお願い申し上げます。

*下にスクロールしていただくと過去分の「お薦めの逸品」をご覧いただけます。また、画面上部のTosei Nagaokakyoに進み「お薦めの逸品」をクリックすると、長岡京のギャラリー桃青で扱っている伝統的な陶芸作品について「お薦めの逸品」をご覧になれます。


Black Oribe Teabowl

Size: H7.8 x W14 x D14cm
         H3.07 x W5.51 x D5.51in
Year: 2015

The artist's unique view of the world and sense of aesthetics has resulted in a wonderful fusion of modern art and craft, classic and modern, and a gem of elegance and dignity. The gentle lines of the entire vessel and the deep black and white triangular pattern create a modern and quaint atmosphere.

*If you have any questions, please contact us at the e-mail address listed under "Contact" in the top menu.

*If you scroll down, you can see the past "Recommendation". Also, if you go to 'Tosei Nagaokakyo' at the top of the screen and click on "Recommended Works", you can see our recommendation about the traditional ceramic works that Gallery Tosei in Nagaokakyo handles.



1948年 金沢市に陶芸家・中村梅山の三男として生まれる
1973年 多摩美術大学彫刻科卒業

個展・グループ展
1999年 「コンテンポラリー・セラミック・アート」メトロポリタン美術館(米)
2005年 「アルス・ノーヴァー 現代美術と工芸のはざまに」東京都現代美術館(東京)
2012年 「工芸未来派」金沢21世紀美術館(石川)
2013年 「現代の名碗」菊池寛実記念智美術館(東京)
2015年 「日本の工芸未来派」ミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザイン(米)
個展、グループ展多数開催

受賞歴
1989年 八木一夫賞現代陶芸展グランプリほか




山口 真人 Makoto Yamaguchi

瀬戸織部茶碗

サイズ:H8.5 x W11.5 x D11.5cm
制作年:2012年

自由な発想と感性によって伝統的な織部をさらに進化させ、作家の独自性を反映した品格溢れる逸品です。胴部に施された緑釉の濃淡や縦横の線刻とともに、見込みの部分の深みのある釉溜まりが目を引きます。

*お問合せはトップメニューの「コンタクト」に記載のメールアドレスまでお願い申し上げます。

*下にスクロールしていただくと過去分の「お薦めの逸品」をご覧いただけます。また、画面上部のTosei Nagaokakyoに進み「お薦めの逸品」をクリックすると、長岡京のギャラリー桃青で扱っている伝統的な陶芸作品について「お薦めの逸品」をご覧になれます。


Seto Oribe Teabowl

Size: H8.5 x W11.5 x D11.5cm
         H3.34 x W4.52 x D4.52in
Year: 2012

It is a gem full of dignity that reflects the artist's originality by further evolving the traditional Oribe with free ideas and sensitivity. The shading of the green glaze and the vertical and horizontal line engraving on the body, as well as the deep glaze pool inside of the tea bowl, are eye-catching.

*If you have any questions, please contact us at the e-mail address listed under "Contact" in the top menu.

*If you scroll down, you can see the past "Recommendation". Also, if you go to 'Tosei Nagaokakyo' at the top of the screen and click on "Recommended Works", you can see our recommendation about the traditional ceramic works that Gallery Tosei in Nagaokakyo handles.








村田 彩 Aya Murata

イモムシの夢

サイズ:H21 x W19 x D16cm
制作年:2021年

過酷な環境下で生き物が成長していこうとする、その生命の美しさを作家独自の造形感覚によって花の形で表現した逸品です。それぞれが存在感を持つ色土には、その形に沿って細胞をイメージした模様が描かれており、まるでこの造形が生きているように感じられます。空間を彩る華やかな色使いと躍動感あふれる造形美を愉しんでいただけます。

*お問合せはトップメニューの「コンタクト」に記載のメールアドレスまでお願い申し上げます。

*下にスクロールしていただくと過去分の「お薦めの逸品」をご覧いただけます。また、画面上部のTosei Nagaokakyoに進み「お薦めの逸品」をクリックすると、長岡京のギャラリー桃青で扱っている伝統的な陶芸作品について「お薦めの逸品」をご覧になれます。




Dream of a hornworm (Object)

Size: H21 x W19 x D16cm
         H8.26 x W7.48 x D6.29in
Year: 2021

The beauty of life as a living thing trying to grow in a harsh environment is expressed in the form of a flower with the artist's unique sense of form. The colored clay, each with its own presence, has a pattern of cells along its shape, making it seem as if this form is alive. You can enjoy the gorgeous colors that decorate the space and the beauty of the dynamic form.

*If you have any questions, please contact us at the e-mail address listed under "Contact" in the top menu.

*If you scroll down, you can see the past "Recommendation". Also, if you go to 'Tosei Nagaokakyo' at the top of the screen and click on "Recommended Works", you can see our recommendation about the traditional ceramic works that Gallery Tosei in Nagaokakyo handles.




1979年 京都府生まれ
1998年 京都市立銅駝美術工芸高等学校 漆芸科卒業
2000年 京都芸術短期大学 陶芸科卒業
2004年 京都府立陶工高等技術専門校 陶磁器成形科終了



1979 Born in Kyoto, Japan
1998 Graduated from Kyoto Douda High School of Arts and Crafts, Department of Lacquerware
2000 Graduated from Kyoto College of Arts, Department of Ceramics
2004 Kyoto Prefectural Technical College of Ceramics, Department of Ceramic Forming






山田 和 Kazu Yamada

炎舞志野茶碗

サイズ:H9 x W11.4 x D9.8cm
制作年:2020年

卓越した造形感覚で表現された凛とした佇まいの中に放たれた力強い炎の舞 – 眺めているだけでその迫力に思わず引き込まれます。作家の代表作で、海外でもDancing fireの名で広く親しまれている逸品です。

*お問合せはトップメニューの「コンタクト」に記載のメールアドレスまでお願い申し上げます。

*下にスクロールしていただくと過去分の「お薦めの逸品」をご覧いただけます。また、画面上部のTosei Nagaokakyoに進み「お薦めの逸品」をクリックすると、長岡京のギャラリー桃青で扱っている伝統的な陶芸作品について「お薦めの逸品」をご覧になれます。

Dancing Fire Teabowl

Size: H9 x W11.4 x D9.8cm
         H3.54 x W4.48 x D3.85in

The powerful dance of flames in the dignified appearance expressed by the artist's outstanding sense of modeling - just looking at it, you will be drawn in by its power. This is one of the artist's representative works, and is widely known as "dancing fire" overseas.

*If you have any questions, please contact us at the e-mail address listed under "Contact" in the top menu.

*If you scroll down, you can see the past "Recommendation". Also, if you go to 'Tosei Nagaokakyo' at the top of the screen and click on "Recommended Works", you can see our recommendation about the traditional ceramic works that Gallery Tosei in Nagaokakyo handles.


1954年 常滑に生まれる
1976年 大阪芸術大学卒業、越前に築窯
1989年 ドイツにて作品制作 初窯

個展・グループ展
1993年 日本橋三越(東京)
2008年 「茶陶-造形と意匠にみる現在性」 ギャラリーヴォイス(岐阜)
2010年 「茶事をめぐって-現代工芸の視点」東京国立近代美術館工芸館(東京)
2012年 現代陶芸サロン桃青(大阪)
2013年 「山田和」福井県陶芸館企画(福井)
2019年 「漂流-記憶のカケラ」館 遊彩(東京)
2021年「記憶のカケラ」日本橋三越本店(東京) 
個展、グループ展開催多数




加藤 委 Tsubusa Kato

Jog

サイズ:H37 x W36.5 x D13.5cm
制作年:2013年

豪快に面取された存在感のある本体、研ぎ澄まされ緊張感のある注ぎ口、柔らかで優雅な曲線を描く持ち手など造形美に溢れる逸品です。透き通るような瑞々しい青の美しさによって青白磁の魅力が生き生きと伝わってきます。


*お問合せはトップメニューの「コンタクト」に記載のメールアドレスまでお願い申し上げます。

*下にスクロールしていただくと過去分の「お薦めの逸品」をご覧いただけます。また、画面上部のTosei Nagaokakyoに進み「お薦めの逸品」をクリックすると、長岡京のギャラリー桃青で扱っている伝統的な陶芸作品について「お薦めの逸品」をご覧になれます。

Jog

Size: H37 x W36.5 x D13.5cm
         H14.56 x W14.37 x D5.31in
Year: 2013

The boldly chamfered body with a sense of presence, the polished and tense spout, and the soft and elegantly curved handle are all excellent examples of the beauty of the form. The charm of blue and white porcelain is vividly conveyed by the beauty of the clear, fresh blue color.


*If you have any questions, please contact us at the e-mail address listed under "Contact" in the top menu.

*If you scroll down, you can see the past "Recommendation". Also, if you go to 'Tosei Nagaokakyo' at the top of the screen and click on "Recommended Works", you can see our recommendation about the traditional ceramic works that Gallery Tosei in Nagaokakyo handles.


1962     岐阜県多治見市生まれ
1979     多治見市陶磁器意匠研究所修了

主な個展・グループ展
1996   「磁器の表現・90年代の展開」東京国立近代美術館
2002   「現代陶芸の100年展」岐阜県現代陶芸美術館
2003   「白磁・青磁の世界」茨城県陶磁美術館
2006   「陶磁 日本陶芸の伝統と前衛展」フランス国立陶磁器セーブル美術館
2011    「白磁、青磁の美-伝統と創造」樂翠亭美術館、富山
2015    「タツカタチ」現代美術艸居、京都
2016    「PUNK工芸 - 魂の救済」樂翠亭美術館、富山

賞歴
2013     日本陶磁協会賞受賞
             第7回円空大賞受賞

コレクション
ブルックリン美術館
岐阜県現代陶芸美術館
シカゴ美術館、アメリカ
ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館、イギリス
茨城県陶芸美術館




大石 早矢香 Sayaka Oishi

モノノアワレ蝸牛茶碗

サイズ:H9.5 x W11.7 x D11.7cm
制作年:2020年

身近に見かける蝸牛をモチーフに生き物や植物が有機的に交じり合った独特の世界観で優美繊細な装飾を施し、自然に寄り添い豊かなものを感じるという日本的な感情を表現した見応えのある逸品です。

*お問合せはトップメニューの「コンタクト」に記載のメールアドレスまでお願い申し上げます。

*下にスクロールしていただくと過去分の「お薦めの逸品」をご覧いただけます。また、画面上部のTosei Nagaokakyoに進み「お薦めの逸品」をクリックすると、長岡京のギャラリー桃青で扱っている伝統的な陶芸作品について「お薦めの逸品」をご覧になれます。


Mono no Aware Snail Tea Bowl

*'Mono no Aware' means the awareness of impermanence, or the transience of things, and a gentle sadness or wistfulness at their passing.

Size: H9.5 x W11.7 x D11.7cm
         H3.74 x W4.6 x D4.6 in
Year: 2020

This tea bowl, with its motif of snail that can be seen around us, is a gem worth seeing, with graceful and delicate decorations by the artist's unique worldview of organically intermingled living things and plants, expressing the unique Japanese feeling of being close to nature and feeling its richness.

*If you have any questions, please contact us at the e-mail address listed under "Contact" in the top menu.

*If you scroll down, you can see the past "Recommendation". Also, if you go to 'Tosei Nagaokakyo' at the top of the screen and click on "Recommended Works", you can see our recommendation about the traditional ceramic works that Gallery Tosei in Nagaokakyo handles.



1980 京都府生まれ
2004 京都市立芸術大学美術学部工芸科 陶器専攻卒業

主な個展・グループ展
2017  Thematic Exhibition in Gwangju GICB2017 (韓国 / 京畿陶磁博物館)
2018  茶陶の現在 ‐ 2018 萩(山口県立萩美術館・浦上記念館)
2019  陶の花 FLOWERS (滋賀県立陶芸の森 陶芸館展示室)
2019  個展「大石早矢香 -binary-」(滋賀県立陶芸の森 陶芸館ギャラリー)

賞歴
2019  京畿世界陶磁ビエンナーレ2019  入選(韓国 / 利川セラピア 他)
2019  第8回菊池ビエンナーレ 入選(東京 / 菊池寛実記念 智美術館)
2020  第23回岡本太郎現代芸術賞展ノミネート(神奈川 / 川崎市岡本太郎美術館)

コレクション
Han Hyang Lim Onggi Museum(韓国)
滋賀県立陶芸の森陶芸館
山口県立萩美術館・浦上記念館
Icheon world ceramic center(韓国)


1980 Born in Kyoto Pref.
2004 BFA, Kyoto City University of Arts, Ceramic

Selected Exhibition
2017   Thematic Exhibition in Gwangju GICB2017, Gwangju Gonjiam Ceramic Park, Korea
2018   Tea pottery in modern - 2018 HAGI, Hagi Uragami Museum, Yamaguchi, Japan
2019   Expression of Flowers in Japanese Ceramic Art, The Shigaraki Ceramic Cultural Park, Museum, Shiga, Japan
2019   Solo Exhibition 'Sayaka Oishi -binary-', The Shigaraki Ceramic Cultural Park, Gallery, Shiga, Japan

Awards
2019   Selected, Korean International Ceramic Biennale 2019, Icheon Ceramic Utopia etc, Korea
2019   Selected, Kikuchi biennale VIII, Musée Tomo, Tokyo
2020   Nominated, 23rd Taro Okamoto Award for Contemporary Art, TARO OKAMOTO MUSEUM of ART, Kawasaki, Kanagawa, Japan

Collection
Han Hyang Lim Onggi Museum, Korea
The Ceramic Cultural Center, Shiga Prefectural Ceramic Cultural Park, Shiga, Japan
Yamaguchi Prefectural Hagi Art Museum & Uragami Memorial Hall, Yamaguchi, Japan
Icheon world ceramic center, Korea




池西 剛 Go Ikenishi

黄瀬戸茶垸

サイズ:H10 x W12.9 x D12.7cm
制作年:2015年

掌にしっくりと収まる土の温もりと柔らかなラインで落ち着いた風合いを醸し出す存在感のある逸品です。侘びた黄瀬戸の釉薬に施された緑の胆礬の濃淡が趣のある景色となっています。もちろん、抜け胆礬も愉しんでいただけます。

*お問合せはトップメニューの「コンタクト」に記載のメールアドレスまでお願い申し上げます。



Kiseto Tea Bowl

Size: H10 x W12.9 x D12.7cm
         H3.93 x W5.07 x D5 in
Year: 2015

The warmth of the clay and the soft lines that fit comfortably in the palm create a calm texture that gives this gem a sense of presence. The shades of blue-green chalcanthite applied to the simple and calm kiseto glaze create an atmospheric aesthetic expression.  Of course, you can also enjoy the light green color of the inside of the tea bowl.

*If you have any questions, please contact us at the e-mail address listed under "Contact" in the top menu.



1961年 大阪府吹田市に生まれ
1993年 愛媛県今治市に五連房登窯・単室穴窯を築窯
2012年 岡山県和気町に工房を設立

個展・グループ展
2016年 現代陶芸サロン桃青(大阪)
2018年 ギャラリーラボ(愛媛)
2019年 巷談舎(大阪)
他、個展・グループ展開催多数




1961 Born in Suita City, Osaka, Japan
1993 Built a five-story climbing kiln and a single-chamber anagama kiln in Imabari City, Ehime, Japan
2012 Established a studio in Wake Town, Okayama, Japan

Selected Exhibitions
2016 Contemporary Ceramics Salon Tosei, Osaka, Japan
2018 Gallery Labo, Ehime, Japan
2019 Koudansha, Osaka, Japan
and more solo exhibitions and group exhibitions




小島 憲二 Kenji Kojima

オリベ香炉

サイズ:H30 x W18.5 x D14.5cm
制作年:2015年

伝統的な作品とは一線を画すフォルムや色使いが目を引きます。美しく優雅な曲線、緑色の濃淡と交互に組み合わさった白と濃緑の縞模様が印象的で、香炉としての実用性と空間を彩るオブジェとしてのデザイン性を兼ね備えた逸品です。

Oribe Incense Burner

Size: H30 x W18.5 x D14.5cm
         H11.8 x W7.2 x D5.7 in
Year: 2015

The form and use of colors that are distinctly different from traditional works are eye-catching. The beautiful and elegant curves, the shades of green and the alternating white and dark green stripes are impressive, and it is a gem that combines practicality as an incense burner and design as an object to decorate the space.







隱崎 隆一 Ryuichi Kakurezaki

黒碗 共箱

サイズ:H9.1 x W13.9 x D11 cm
制作年:2016年

Black Teabowl with his signed wooden box
Size: H9.1 x W13.9 x D11 cm
         H3.5 x W5.4 x D4.3 in
Year: 2016


備前の魅力はこの茶碗に尽きると言わしめるような茶碗です。デザイン・焼・機能すべてを楽しませる工夫がされています。正面は焦げの黒色、裏面は胡麻色と明暗を対比したデザインは実に現代的です。どっしり構えた口造りは、波打つような変化を見せ、独創的な造形感覚を愉しむことができる逸品です。


This is the tea bowl that makes people say that the charm of Bizen is all about this tea bowl. The design, the firing, and the function are all designed to be enjoyed. The design that contrasts light and dark in the form of burnt black on the front and sesame color on the back is really modern. This is a gem that can enjoy the creative sense of form with the stout mouth structure showing a wavy shape.