企画展 / Exhibition

近藤あかね 個展 / Akane Kondo’s Solo Exhibition

2022年7月15日(金)〜 30日(土) July 15th - 30th, 2022



			
				
今藤あかねによるサイアノタイプ(日光写真)を展示いたします。呉須による絵付磁器で、山水画の世界を追求してきた近藤。近年はサイアノタイプによる山水世界の表現に取り組んでいます。
本展では近藤による最新のサイアノタイプの中から、古典的な山水画をモチーフにした作品と現代日本の写真に山水をコラージュした作品を併せて展示いたします。
過去から現代を自由に行き来しながら、風景とそこに暮らす人々の生活に想いを馳せる穏やかな時を、お過ごしください。

※メインは奥のAギャラリーでの平面作品、Cギャラリーでは陶芸作品も一部展示いたします。

山口真人 個展 / Makoto Yamaguchi’s Solo Exhibition

2022年8月5日(金)〜 27日(土) August 5th - 27th, 2022



			
				
窯元に生まれ、幼少期から陶芸が身近な存在であった山口は美濃陶に魅せられその道を追求することに決めた。瀬戸赤津焼き窯元で修行の後2004年に独立。アジアやヨーロッパを周遊し、世界の文化を肌で感じた。自然体で生きる中で山口自身が美しいと思った感情を作品に映し出すことを意識して作陶する。織部の緑と鮮やかな青色のグラーデーションが作品に動きを加え、伝統的な織部に軽やかさを加えた。また透き通った海のように美しい釉薬を使った御深井シリーズも多くの人を魅了して止まない。そして山口を語る上で欠かすことのできない琳派織部の更なる進化からも目が離せない。現代に生きる日本の陶芸家として“伝統“と”今“を融合させ、山口の思う美しさを世界に発信していく。
存在感溢れる、独創的な山口の美濃陶の世界をぜひお愉しみください。

鈴木伸治 個展 / Shinji Suzuki’s Solo Exhibition

2022年9月2日(金)〜 24日(土)
September 2nd - 24th, 2022
多治見意匠研究場で陶芸を学び、25歳で工房を構え活動を始めた鈴木。志野という固定概念に囚われず、長石の可能性を最大限に活かした独自の志野を展開する。“僕が思う志野は化学の“長石釉“ではなく長石そのもの。どんな長石を選ぶのか、どんな風に長石を料理するのかで表現方法は変わる” 今までご法度とされていた上絵を施した志野や、長石をそのまま雲のようにつけたオブジェなど、自分がおもしろいと思う志野の魅力をシンプルに作品に表現する。
2020年には工房を可児郡に移し、煉瓦を使わず2,000個の土の塊を一から手で作り薪窯を完成させ作品の幅をまた大きく広げた。
新しい志野の魅力を世界に発信し続ける、鈴木伸治の迫力ある作品群をぜひお愉しみください。

富田美樹子&村田彩 二人展 / Exhibition of Mikiko Tomita & Aya Murata

2022年11月4日(金)〜 26日(土)
November 4th - 26th, 2022

鈴木大弓 個展/ Hiroyumi Suzuki’s Solo Exhibition

2022年12月2日(金)〜 24日(土)
December 2nd - 24th, 2022

ページの上部へ
Page top