作家・作品のご紹介 / Artist

富田 美樹子
Mikiko Tomita


Cell ‐∞‐、2012, W40xD20xH20 cm
この作品を問い合わせる
Inquire

Cell ‐∞‐、2012, W40xD20xH20 cm
この作品を問い合わせる
Inquire

Cell ‐∞‐、2012, Φ18 cm
この作品を問い合わせる
Inquire

Cell ‐∞‐、2012, Φ18 cm
この作品を問い合わせる
Inquire

Profile

  • 富田 美樹子 Mikiko Tomita
  • 永遠に続くかのような有機的な紋様、優美な曲線で構成された造形のオブジェで高い評価を受けておられます
    She is highly acclaimed for her organic patterns that seem to go on forever, and for her sculptural objects composed of graceful curved lines.
  • 大阪府枚方市に生れる
    1996年 京都市立芸術大学工芸科陶磁器専攻卒業
    1998年 枚方市に工房を作り作陶活動を始める

    個展・グループ展
    2009年  東京国立近代美術館工芸館(東京)
    2020年  目黒陶芸館(三重)
    2021年  岐阜県美術館 (岐阜)
    2021年  SHILVER SHELL(東京)

    受賞歴
    2010年 第5回パラミタ陶芸大賞展

    コレクション
    Smith College Museum of Art (ノーサンプトン,マサチューセッツ州,アメリカ)
    愛知県常滑市
    LIXIL (常滑、愛知)
    石川県立九谷技術研修所(能美、石川)

    Born in Hirakata City, Osaka Prefecture
    1996 Graduated from Kyoto City University of Arts, majoring in ceramics
    1998 Built a workshop in Hirakata 

    Solo Exhibitions and Group Exhibitions
    2021 SHILVER SHELL, Tokyo, Japan
    2021 The Museum of Fine Art, GIfu, Japan 
    2020 Meguro Ceramic Museum, Mie, Japan
    2019 The National Museum of Modern Art, Tokyo,Japan

    Awards
    2010 Paramita Ceramics Grand Prize Exhibition

    Collection
    Smith College Museum of Art (Northampton, Massachusetts、USA)
    Tokoname City, Aichi Prefecture
    LIXIL (Tokoname, Aichi)
    Kutani Technical Training Institute,Ishikawa (Nomi,Ishikawa)