作家・作品のご紹介

市野 雅彦 Masahiko Ichino

現代に似合う器。研ぎすまされた感性から生みだされる緊張感を伴う器には新しい存在価値があります。

プロフィール
1961 兵庫県に生まれる
1981 嵯峨美術短期大学陶芸家卒業 今井政之の門に入る
1986

兵庫県工芸美術展奨励賞('87協会賞、'88永澤賞)
全関西展関展賞第三席受賞('88同賞第一席、'93読売新聞社賞)
日展入選(同'89 '90 '95)
国際陶磁器フェスティバル美濃'86入選(同'89)

1987 兵庫県展近代美術館賞受賞('89佳作賞、'90神戸新聞社賞)
1988 独立し、大雅窯を築く
1989

大阪工芸展大阪府知事特別賞受賞('91平松賞、'92大阪市長賞)
朝日陶芸展入選(以後4回入選)
陶芸ビエンナーレ'89入選(同'95)

1993

花の陶展大覚寺賞受賞('94審査員賞受賞)

1995 第13回日本陶芸展最優秀作品賞(秩父宮賜杯)受賞
1996 茶の湯の造形展(田部美術館)優秀賞(同'98)
日工会展日工会会員賞受賞
1997 NHK・BS2放送「やきもの探訪」放映
1999 日本の陶芸展出品(国際交流基金主催、南米巡回)
日本の工芸〈今〉百選展出品(NHK主催、パリ三越エトワール・国内巡回)
2000 茶の湯―現代の造形展出品
(フィンランド、ヘルシンキ市立美術館)
国際陶芸交流展出品(中国北京、中国美術館) 
兵庫県芸術奨励賞受賞
2001 日本陶芸展推薦出品 アジアのアート展出品(ロンドン、ケイティ・ジョーンズギャラリー)
2002 アジア国際現代陶芸展出品(台湾、台北県立鶯歌陶芸博物館)
2004 COLLECT展(イギリス、V&Amuseum)


   現在 兵庫県作家協会会員/大阪工芸協会会員


土塊

ご購入いただける作品

丹波赤どべ碗 木箱付

φ13.5×h10.8cm

作品の詳細はこちら


丹波線文碗 共箱 
φ13×h10cm

作品の詳細はこちら

 

線紋器(掛花入) 共箱
7×7×h42.5cm

作品の詳細はこちら

このページのトップへ