ギャラリー桃青 企画展

作道僚子 ガラス展
日々のかけら

2018/7/25-31

 

蓋物(光の音・十字) φ7.3×h4cm

コアガラスに出会って20年あまり。その古代技法はなかなか思い通りに制作させてくれない、手強い相棒でした。でも根気強い魅力的な相棒でした。いつしか私はモザイクパーツを組み合わせる楽しさに魅了されていきました。 日々の出会いや出来事をモザイクに込め、それを織り上げるように作品にしています。
今回は、蓋物、グラス、振出、小瓶、豆皿のほか、帯留め、アクセサリーもご用意いたしました。

お楽しみいただけると幸いです。         作道僚子

プロフィール

作道僚子 Ryoko Tsukurimichi

1967 富山県射水市生まれ
1989 金沢大学教育学部中等美術科卒業
1993 富山ガラス造形研究所造形科卒業
2002 伊丹国際クラフト展入選
2014 第4回日中韓芸術展出品
2017 平山郁夫とシルクロードのガラス展・デモストレーター
富山ガラス造形研究所非常勤講師(~'17)


ウィンドウを閉じる
このページのトップへ