ギャラリー桃青 企画展

鈴木大弓 作陶展

2016/9/7-9/20

会場風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶碗を手に取ると、しっくりと来る安心感や、新しい物に触れたときの高揚感、茶碗という手のひらに収まる存在に、多くが凝縮されています。

毎日の作陶が楽しくて仕方がないという、彼の作品からも朗らかさを感じます。

高麗の作品に魅せられ、韓国の聞慶・慶州で修行後、信楽で独立され、益々精力的に作陶されています。今展では、信楽や高麗など幅広い種類のうつわを展覧致します。


 

プロフィール

鈴木大弓(すずき ひろゆみ)


1979 大阪生まれ
2005 韓国、聞慶・慶州にて修行
2010 初個展

各地で個展・グループ展多数開催

ウィンドウを閉じる
このページのトップへ